助田です.

In message "[ruby-list:18539] [book] $*, etc."
    on 99/11/12, Yasuhiro Fukuma <yasuf / big.or.jp> writes:

> pp.94-95、「method 25 do 〜 覚えておいてください。」は、脚注*71 の
> 続きが本文に紛れ込んでしまったようで、ちょっと不自然に感じます。

これは私も感じました.
本文だけ読んでいると直前に「do と end の代わりに {} を使うことも
でき」るとなっているのに「method 25 do 〜」の例は「代わりに使え
ない」例になっているんですよね.

  do と end の代わりに〜できます.
  「たとえば上の例は
      ["foo", "bar", "baz"].each {|i|
        print i, "\n"
      }
    と書き換えることができます.
    ただし do end と {} では優先度が違います.」
  method 25 do 〜

みたいな感じにして脚注を本文に取りこんだ方がしっくりくるん
じゃないでしょうか.

他に不自然に感じたところや引っかかったところは,
(既出の指摘があったらすいません.)

+ P38 表 2-1 の readlines の説明は
  「引数ファイル 〜」よりも「コマンドライン引数のファイル 〜」
  とした方がわかりやすいと思うです.
  (一瞬 readlines の引数かと勘違いしたのは私です.)

+ P40 の 2.6 の最後
  「実行されるまではクラスは作られません」は「クラスは定義されま
  せん」の方が前後の文章とのつながりが良いのでは?

+ P48 インスタンス変数のオキテ
  いきなり initialize がでてきて,ちょっと戸惑った.
  (その前に initialize の説明がないですよね?)
  どうすれば良いのか私にはわかりません.m(_ _)m

+ P59 条件演算子のところで
  「Rubyでは?は述語メソッド名前に使われたり」は
  「述語メソッド *の* 名前」の方が,スムーズに読めます.

+ P66 43 の脚注
  P68 の本文で Complex クラスと Rational クラスがでてくるので
  P66 43 の脚注は,P68 の本文に組み込んじゃった方がすっきり
  すると思います.

+ P96 の最後の文章
  「正規表現をマッチした部分を指定した文字列を置換する」は
  「指定した文字列 *で* 置換する」の方が意味が通ります.

いろいろ文句ばっかり言いましたが私にとっては知識を新たに
したり,整理できたりするので読んでて楽しい本です.
(ぜんぜん,フォローになってへん)

----------------------------------
 助田 雅紀 <CQN02273 / nifty.ne.jp>
----------------------------------