池田孝志です。

Hiroshi Hoshi <hiro / halfmoon.co.jp> writes:

>  星です。

>  でも、Rubyは結構細かいバージョンアップが多いので、それはそれで大変か
> も知れませんが。

人の書いたスクリプトを利用するには、新しいバージョンを使える
ようにしてあるほうがいいですね。
とはいえ、昔書いたスクリプトを最新のバージョンで動かしたくな
る時もありますし、一概に言えないのかな…

C++のように、機能が追加されるたびに謎が深まっていくのとは正
反対に、より便利になるはずなのに、その機能を使ったスクリプト
は互換性の理由で広く使いづらくなってしまう恐れもあります。

逆に、今動くスクリプトでも、仕様として書いている訳ではないよ
うな時は後になって動かなくなることもあるので、どこまでRubyの
機能を使ってよいものか考えさせられることもあります。むしろソー
スを読んで書いてしまうと、後々になってやはり互換性の壁にぶち
当たることも十分考えられるし、人のスクリプトに書いてある便利
な使い方にしても、後になって仕様変更されるのではないかと言う
不安も残っています。
今よりもRubyが広まったときに仕様の凍結、あるいは最小の仕様を
考えないとまずくなることも考えられなくもないです。

>  私自身はPerlよりもよっぽど分かりやすくて柔軟な言語だと思うので、

Perlを知っている人は、Perlが持つ柔軟性を知っていると思うし、
Rubyのほうがより書きやすいし読みやすいということを言っても口
ではなかなか伝わらない、という点もあるかと思います。
# ていうか、それは僕のことか…

> 始め
> てのプログラムがRubyなんていう人がもっと増えて欲しいなと思うのです。

今、言語を知っている人にしてみれば、他の言語に移るコストをど
うしても考えてしまうようです。Rubyは覚えやすい言語だと思うに
しても、それは使ってみないと分かりませんし、その人にしてみれ
ば、awkであったり、Perlであったりで苦労した記憶が、またRuby
で繰り返されるのではと言う精神的ギャップがあるのではと思って
しまう程です。

まあ、逆に言えば、今言語を知っていない人がRubyを使えば、他の
言語を覚えるのもすいすい行くのでは、なんてたかをくくって、え
らい目に遭ったりして。

他の(ただのLinuxの集まりの)MLでRubyを紹介しても、どうしても
オブジェクト指向という点が強調されてしまい、CLOSであったり、
Smalltalkであったりと重厚長大でかつメジャーなものに目を奪わ
れる傾向は否定できません。Rubyこそ、オブジェクト指向がまとも
に使えるし、これらよりもよほど日頃使える言語だと思うにしても、
周りで使っている人がいないことと、ソースを見る機会もないこと、
精神的ギャップやひいては日本発という点すら、最初のとっかかり
をつかめない原因になっているのではと思う程です。

ただ、このMLでのRubyに始まるスレッドを見ていると、利用者はま
ずライブラリなど自分のやりたいことが揃っていることを前提にし
て、言語はそれを使うものと見ているという点が大きいと感じまし
た。どれだけ言語自体が良く出来ていても、キラーアプリがないと
最後の説得力がありません。言語そのものに興味のある人なんて、
そうはいません。
コンパイルして、スクリプトを書いて、動かしてみて、操作感を確
認するような人は、普通いないように思ってしまいます(あ、普通っ
てのはひとりかふたりのことか…)。僕もまつもとさんにじきじき
にRubyを勧められた一人だし…

> で、
> やっぱりそういう風に使われて行くためのステップの一つとして、ディストリ
> ビューションに標準で組み込まれるって言うのは大きいかなと。

何やら、Laser5 Linuxというのは、近頃日本で最も売れたOSパッケー
ジなんだそうです(ftpで取ってこれますが)。もちろんRubyは入っ
ていないのですが、こういうところに働きかけることが出来れば、
状況は変わるような気もしなくもないです。

あと、curやRuby入りjedみたいに、Rubyのスクリプトをさらけ出す
ようなからくりがあると、インパクトはありそうですね…

「Ruby」という名前は(出版されたこととは別として)広く知れ渡っ
ているようですし、今よりもスクリプトが多く目に触れるようにな
ればいいなと思うのですが。
# そのためには、どんなかたちであれ、裏でRubyが動いてくれなけ
# れば…;^^)/
## Makefileに含める時も、rubyが呼び出せない時はただそこで落
## ちるだけでなく、Rubyがインストールされていないと警告を出
## さなければ。URLつきで。

-- 
池田 孝志  cercine / kcn.ne.jp