豊福です。

西さん
>>|  def foo(@x, @y = 0) のように仮引数のところにインス
>>|タンス変数を使えるようにするパッチです。
  ...
> って書きたいよー!こっちが綺麗じゃん。見易いじゃん。わかりやすいじゃん。
> という人もいます。(多分、豊福さん。(すいません、一蓮托生です))

  腕試しにやってみたというのが動機なのですぐ寝返る
かもしれませんが、とりあえず木の陰から応援してます。

まつもとさん
>> あんまりその気になれないんですよねえ。インスタンス変数に代入
>> したいなら、ちゃんと代入すべきではないかという気がして。

  確かに def foo(x); @x = x; end の方が代入したと
いう気分がありますね。def foo(@x); end だと「何?
何したの?」という感じがあります。
  でも callcc {|$c| ... } を初めてみたときもちょっと
異和感ありましたが最近は慣れてきたので def foo(@x) も
慣れの問題のような気がします。(あれ、def foo($x) もあり?)

西さん
> 例えば、比較的多い(一行に入りきらないくらいの)インスタンス変数を持つよ
> うなクラスを初期化する場合、
> ----------------------------------------------------------------------
> def initialize (subject=nil, from=nil, addr=nil, host=nil, time=nil,
>                 contents=[], link=nil, ...)
>   @subject, @from, @addr, @host, @time, @contents, @link = 
>     subject, from, addr, host, time, contents, link
>   ...
> end
> ----------------------------------------------------------------------

  私もこういうときはインスタンス変数引数を使いたく
なるかな。

> 「"i+=1" でいーじゃん」派  vs 「"i++" じゃなきゃ死ぬ」派

  私は死ぬまではいかない「"i++" でもいーじゃん」派です。
"++" はメッセージじゃなくて syntax sugar で構いません。
---
                        豊福
                        toyofuku / juice.or.jp