あおきです。

  In mail "[ruby-list:18069] Re: Q.[Ruby/GTK] クリップボードの内容を取得する方法"
    Hiroshi IGARASHI <igarashi / ueda.info.waseda.ac.jp> wrote:

> いがらしです。

> > Cからなら(そこそこ)簡単だけども、Rubyからだと厳しいということです。
> > めんどうなだけでなく、予備知識がかなり必要です。
> 
> gdk_selection_xxxあたりを使うんでしょうか?

gdk_selection_convert ですかねえ。
…あれ?もしかしてたいして難しくないのかな?
明日やってみます。


> > ぼくはひたすら gtk / ruby-gtk のソースを読んでます。
> > gtkbrowserも非常に重宝するのですが、引数の数がわからないので
> > 結局ruby-gtkのソースを見て、gtkのソースを見て…となります。
> 
> gtkのソースは読もうと思えばそれなりに読めてしまうのが、
> 関連ドキュメントの整備が進まない一因のような気が……

Gtkの実装が低レベル(技術ではなく、抽象度のこと)すぎるってのも
あると思います。全部説明をつけてるとXlibの解説書を書くのと
同じになりそうなのが恐い。

ここで思ったんですけど、これまで ドキュメント==リファレンス と
いう思いこみがあったんではないでしょうか。
おちついて考えてみると、リファレンスというのは、ないと因るけど、
それだけ見ても使いかたはわからないものです。
そして、リファレンスを見たい時、たいていは何が必要かというと、
メソッド名、引数名(数)、型、ブロックをとるならブロック引数名と数、その型
くらいで、書かれている内容はあまり見ないです。

というわけで、ここはひとつおもいきって、Howtoものに全力を傾ける
(みんなでakaishiさんの連載を応援しちゃう)というのはどうでしょうか?


> (僕にとっては)テキスト編集だけならEmacsのバッファに勝るものはないので、
> これをGTKと一緒に使えたらなあ、とか画策しているのですけど。

ぼくも同じことを考えて、実装しようとしてあがいているところです。
ただ、Emacs(mule)のバッファは文字表現からして独自なので、
実装をそのまま使うことはせずに、構造だけ盗もうと思ってます。

# こんなことやってるからなかなかmailestを正式リリースできない…
-------------------------------------------------------------------
あおきみねろう