小松です。

In message of [ruby-list:17377] Re: make Ruby-1.4.2 on BeOS R4.5.2(Intel)
    on 1999/10/4 14:20:30 Katsuyuki Komatsu <komatsu / sarion.co.jp> wrote:
|BeOSもAIX, cygwin, mswin32のように、ruby本体あるいはシェアード
|ライブラリのexportの情報を拡張ライブラリ作成時に必要とするタイプ
|なのかな?
|
|# [ruby-dev:2708]の手順を見ると、そんな感じなんですが。

結局、

 1. configureに--enable-sharedをつけてもつけなくてもlibruby.soが
    作成される
 2. 拡張ライブラリを作るときにはlibruby.soが存在していることを
    想定しているが、通常はその時点では存在しない。このため、
    拡張ライブラリにlibruby.aが全部組み込まれることがある。
 3. LIBRARY_PATH上に載っていない.soは拡張ライブラリを含めて
    ロードできない。

ということでした。__declspec(dllexport)やldの時の-Eスイッチは
なくても問題なかったです。2はcygwinと同様にGNUmakefile.inか
なにかを作って対応すればいいとして、3の対策を考慮中です。

--
小松克行 / Katsuyuki Komatsu <komatsu / sarion.co.jp>