高橋征義です。

matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto)さん:
> |2. 載っている場合、それが配布されるRubyのソースなりマニュアルなりに
> |   反映されますか?
> 
> いいえ、Ruby本に載るのは解説であってリファレンスではないから
> です。

ということは、別途リファレンス的なものがあることが望ましい
わけですね。

> |3. 載っていない場合、そろそろライブラリのマニュアルもまとめよっかなー、
> |   なーんて思っている方はいたりしますか?(^^;
> 
> ドキュメント類はRDで書き直そうと思ってるのですが、rubyapiも
> 気になってます。

そうですね。五十嵐さんのメールもありましたが、とりあえず
ライブラリだったらRDでもいいですから、「Description」と
「Usage」に当たるものを書いてあればうれしいかな、と。はい。

# できれば日本語でも……。

> |# というか、ライブラリもRD化を進めることになるんでしょうか?
> 
> これはそうなります。今後は標準添付のライブラリはRDで英語のド
> キュメントが付いたものしか受け付けません。RAAにはそんな制限
> は(現時点では)付けませんけど。

現状のものについても、RD形式で、必要な情報を付け加えていくことに
なるんでしょうか?

高橋征義 (TAKAHASHI Masayoshi)       Email:maki / inac.co.jp