お世話になっております。 A.中村です。

On Tue, 21 Sep 1999 14:11:56 +0900
Norio Kasahara <kasa / air.linkclub.or.jp> wrote:

>やっぱり順当なところでは,JDBCなんじゃないでしょうか?JDBC2は,機能高すぎなので,とりあえず,JDBC1くらいのところを狙うと.

JDBCの概要の紹介が特集だそうなので、
JavaPRESSだかいう雑誌の8月号を買ってみました。
#てーかJDBC書籍を幾つか買いこんだ後に
#次の店でこの雑誌を見つけて、
#勿体無いことをしたと後悔モード(笑)

1:
Statementオブジェクトは「SQLのコンテナ」だと
書いていますが、そのわりに

Statement st=con.createStatement();
String sql="select hogehoge...";
ResultSet re=st.executeQueyr(sql);

などと、実際にSQLを投げる瞬間にSQL文を
与えるらしいのが不気味。

delphiの「TQuery」クラスだと、SQL文を
属性として持たせて、openメソッドないしは
execSQLメソッドで投げるんですけど
属性として持たせないっていうヤリカタが
世間では普通なのでしょうか?

delphiがコンポーネント指向(「属性を持たせる」という
仕様のほうが使い勝手的に圧倒的に有利)だってのは
さておいたとしても、属性で持たせるほうが
気持ちよいように俺には思えました。
逆に属性にすると嫌だと思う人はどれくらいいますか?
別に柔軟性は損なわれないと思うのですけど…

2:
fetch(検索結果を順に見る)の巻き戻し(笑)が
出来るようになるのは、JDBC2以降なんですね。
あと、結果セットに対する更新とか。
要するに、アプリとDBサーバーとの
「インタラクション」が
より木目細かくなったというか。
#機能高すぎって、このことですよね?

で、JDBC2に相当する機能のうちSQL3関係以外は
delphiだと初代(95年発売の16bit版)から存在してた
ことになるようです。人気があったのはそのせいか?

まぁ、自分で作る(笑)分には、とりあえずJDBC1相当
までしかやらないっていうほうがラクなんでしょうね。


職場SUNにPostgreSQLとMySQLを
どっちも入れ損ねて(笑)がっくりです。