お世話になっております。 A.中村です。

On Tue, 21 Sep 1999 13:15:13 +0900
hisanori / sitc.toshiba.co.jp wrote:

>oopな言語であってもやっぱり難しいんじゃないかなぁ、と思っております。RDBが管理してるものは、所詮はレコードであってオブジェクトでないし。oopでない言語より多少マシ、ぐらいじゃないでしょうか。

オブジェクトとレコードを対比づけようという
ODBだかORDBだかの発想までイクと、また難しい話に
なっちゃいますが、そこまでいかない、
手続き指向と表指向のナカダチくらいの役割を
やってもらうには、ooは便利だと思います。
#つまり、「多少」が大きいというか(^^;

どんなスキーマの表が渡されるか判らんものを
たとえばCみたいな言語でいじろうと思ったら
構造体へのポインタの配列だとかなんとか
ごちゃごちゃごちゃごちゃ書かないとならんけど
oopなら少しだけラクになるっぽいです。
なんせオブジェクトが勝手にデータを交通整理
してくれるんで。

といっても、結局は単にCollectionとかHashとかのご利益
でしかないようなきもします。


>JDBCでは如何でしょうか。動的じゃないけどjavaはoopだし、ODBCの(苦い?)経験を踏まえて偉い人が検討して出来た(らしい)物なので、まぁ信頼してもよい、とか。
一方こっちはJのほうを使ったことがないもので…_o_

delphiのほうは、実地で人気が有る(らしい)ので
まぁ信頼してもよいのかなと。JDBCも同様なんでしょうね。

ODBCの経験ってことは、ODBCに相当する位置にあるモノ
だということでしょうか。だとするとDelphiのヤリカタは
またちょっとだけ違う方向性かもです。
いずれにせよ本読もうっと。