五樹島です。お世話になっております。

hisanori / sitc.toshiba.co.jpさんの<19990920133637C.hisanori / sitc.toshiba.co.jp>から
>松尾です。
>From: matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto)
>> どうなんでしょうねえ。つい先日「DBIは遅くなるんで嫌だよね。
>> 機能が足りないし、システムのDBを途中で変更することも少ないし」
>> という話をしたばかりです。なんでもトレードオフがあるわけです
>> が、実際のところはどうなんでしょうね。私はDBは詳しくないんで、
>> 「そんなもんですかねえ」という感じで聞いてましたが。
>アプリケーションを作る側の人間としては、圧倒的に統一して頂いた方がよい
>です。速度命のシステムを作るのでない限り、あるDBシステムべったりのスク
>リプトを書くなんて、僕的に駄目感が超強いです。

この事に関してなのですが、私がモジュール作成に詳しくない
ため勘違いがあるのかもしれませんが、たとえばpostgres の
DB接続部分にC言語が使われていますよね。そのため現状では、
PostgresをRuby on Windowsから使うためには、Rubyの最コン
パイルが必要なのではないかと思います。一般的に、DB接続の
モジュール作成のために、C言語で記述しなくてはいけない個
所があるのでしょうか?もしそうであるなら、DBIのような共
通インターフェースが必要だと思います。Cで書かなくてはい
けない部分が共通インターフェースとして提供されているなら、
移植性が高まると思います。たとえば、Windows版は、共通部
分だけ実行モジュールにリンクしていただければ、差分の部分
はRubyで書かれるでしょうから、Windowsからあらゆるデータ
ベース接続が可能になります。

上記までがもし誤解であったとしても、

中村暁史Nakamura Akifumiさんの<37E672A5FA.BC58.BXQ04723 / nifty.ne.jp>から
>友人のハナシによると、
>一般的すぎても、逆に専用すぎても、
>他人に使ってもらえる可能性がある、
>というものらしいです(^^;
>要するに「両極端」がイイらしい。

というご意見どおり、汎用的で一般的なものと、専用的なもの
の2種類があることが良いと思います。


- Contents Engineer -  五樹島 敬之  Takayuki SAKISIMA
                                 (mailto:sat / moon.letter.co.jp)