--Multipart_Tue_Sep_14_17:49:24_1999-1
Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP

ごとけんです

In message "[ruby-list:16769] User's Guide"
    on 99/09/14, GOTO Kentaro <gotoken / math.sci.hokudai.ac.jp> writes:

># あとでパッチだします

ってわけでパッチ。

# CVSにしたもらった方がいいのかな??

--Multipart_Tue_Sep_14_17:49:24_1999-1 Content-Type: application/octet-stream Content-Disposition: attachment; filename="ruby-uguide-990206p0.txt" Content-Transfer-Encoding: 7bit diff -urN ruby-uguide.orig/uguide01.html ruby-uguide/uguide01.html --- ruby-uguide.orig/uguide01.html Fri Feb 6 01:37:19 1998 +++ ruby-uguide/uguide01.html Tue Sep 14 17:33:44 1999 @@ -85,7 +85,7 @@ これらを使えば,例えばこんなこともできる </P> <PRE><TT> - % ruby -i.bak -pe 'sub "foo", "bar"' *.[ch] + % ruby -i.bak -pe 'gsub "foo", "bar"' *.[ch] </TT></PRE> <P> これはC言語のファイルのすべての`foo'という文字列を`bar'に置 diff -urN ruby-uguide.orig/uguide04.html ruby-uguide/uguide04.html --- ruby-uguide.orig/uguide04.html Fri Feb 6 01:37:19 1998 +++ ruby-uguide/uguide04.html Tue Sep 14 17:42:15 1999 @@ -80,49 +80,61 @@ 文字列の結合 </P> <PRE><TT> - ruby&gt; word fo" + "o" - "foo" + ruby&gt; word ab" + "c" + "abc" </TT></PRE> <P> 文字列の繰り返し </P> <PRE><TT> ruby&gt; word ord * 2 - "foofoo" + "abcabc" </TT></PRE> <P> 文字の取り即鴣發造諒源は整数) </P> <PRE><TT> ruby&gt; word[0] - 102 # 102は`f'のASCIIコード + 97 # 97は`a'のASCIIコード ruby&gt; word[-1] - 111 # 111は`o'のASCIIコード + 99 # 99は`c'のASCIIコード </TT></PRE> <P> 部分文字列の取り 鹿仂 斜凖昭墺 鴣磔苳 闥籐穐陰罌 鴣磔苳 闥籐岡課 闖 ≒磚 鴣磔苳 闥籐握榎 ∽錢 ≡癶 鴣磔苳 闥籐荻榎 闖 ≒磚 鹿墺昭侑 斜 一致 </P> <PRE><TT> ruby&gt; "foo" "foo" - TRUE + true ruby&gt; "foo" "bar" - FALSE + false </TT></PRE> -上の例は、ruby 1.0 の場合で、ruby 1.1 では、<code>true, false</code> - というふうに小文字になる。 +<P> +文字列中の文字の +</P> +<PRE><TT> + ruby&gt; "foo"[0] "f" + false + ruby&gt; "foo"[0..0] "f" + true + ruby&gt; "foo"[0] ?f + true +</TT></PRE> +最後の <CODE>?f<CODE> は文字「f」のASCIIコードである97をあらわす。 +つまり <CODE>"foo"[0]<CODE> の値は0番目の文字「f」のASCIIコードで +あるからこの比較は数値の比較として行われるのである。 <P> では,これらの機使ってパズルを作ってみよう.パズルとはい えないくらいお粗末だが…. --Multipart_Tue_Sep_14_17:49:24_1999-1--