akaishi です。

舞台裏公開の続きですが、ほとんどまつもとさんへの私信(?)。

From: akaishi / ruby.freak.ne.jp
Subject: [ruby-list:16480] backstage of ruby.freak
Date: Mon, 6 Sep 1999 12:02:09 +0900

> というわけで(?)、ruby.freak.ne.jp の舞台裏を公開しようと思います。まずは
> 話の順序の都合上、トップページとMLトピックスの部分のみです。肝心の RAA 
> 部分は後程。

http://ruby.freak.ne.jp/backstage/raa.tar.gz

に、一式まとめたものを置きました。展開した後、

make raa.html
make raa

のようにして使います。ただし、ファイルの生成先が /usr/local/www/data/ に
固定されているなど適宜修正する必要がある箇所があります。

説明:

make raa.html
     オリジナルの http://www.netlab.co.jp/ruby/ から raa.html を wget で
     とってきて(英語、日本語両方)、それぞれ raa-e.html と raa-j.html に
     リネームします。

make raa
     ・pirate -f raa-j.html raadb
       raa-j.html の内容を抽出し、raadb 形式に変換し、raadb というファイ
       ルに書き出します。raadb ファイルが既に存在している場合は適切に
       マージします。
     ・./pirate -f raa-e.html raadb
       英語ページに対して同じ処理をします。

       最初から raadb を書けば、ここまでの作業は不要です。

     ・./pirate -c raadb
       ftp.netlab.co.jp に ftp login してアーカイブの日付とサイズを取得
       し、raadb に反映します。
     ・rm -f raainc, ./rpgen raadb > raainc
       rpgen というコマンドで、raadb を ruby freak document format (イン
       クルード用)に変換します。
     ・./pagegen raa.txt
       raa.txt から raa.html を生成します。raa.txt は先ほどの raainc を
       include しています。

raadb 形式
      だいたい見ればわかると思います。空行が項目の区切りになっています。
      今は数が少ないのでこれでも良いですが、大量の項目を扱うように
      するにはちゃんとした db を使うなど形式を変更する必要があるでしょう。