bsdi3 のパッチを出した福嶋です。

matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto) wrote:
> In message "[ruby-list:16380] Re: ruby1.4.0 on BSD/OS 4.0"
>     on 99/08/30, Jun-ichiro itojun Hagino <itojun / itojun.org> writes:
> 
> |	いまanoncvsで吸ってきましたが、コンパイルが最後まで通るのは
> |		% env CC=shlicc2 ./configure

元々、この場合しか考えていませんでした。

> |	configure.inを読んだだけでは、
> |	- shared library使いたくないときどうすればいいのか

./configure --with-static-linked-ext
ではダメですか?

> |	- with-gccあたりの制御のココロ
> |	がわからなかったので、どう修正していいのかわかりません。とりあえず
> |	報告まで。
> 
> いやあ、私も良く分かんないんで(かなり無責任)、bsdi3は現状維
> 持ということでいきましょう。

BSD/OS は 4.0 で aout から ELF になった(らしい)ので、とりあえず
bsdi3 とは分けておいた方が良いかもしれません。

私のところは bsdi3 な環境しか無いので、4.0 は分かりません。
が、ELFになったということで、ちゃんと対応すれば 4.0 の方が
dynamic link まわりの問題は少ないと思います。

ところで、shlicc* を使うパッチを出したのは dln_a_out がうまく動か
なかったからなのですが、BSD/OS 3.x で dln_a_out が動いている方は
いらっしゃいますか?

---
福嶋正機