山田@日立(電サ)です.

 From: Jun-ichiro itojun Hagino <itojun / itojun.org> さんの 
  Subject: [ruby-list:16380] Re: ruby1.4.0 on BSD/OS 4.0  というお手紙から

 > 	bsdi3は
 > 	- shlicc{,2}でコンパイル+リンクするとshared libraryが使える
 > 		(が、やりかたは普通とちょっと違う)
 > 	- shliccはgcc 1.42ベース、shlicc2は2.7.2.1ベース
 > 	- ccでコンパイルするとstatic link
 > 	という風になっています。
 > 
 > 	いまanoncvsで吸ってきましたが、コンパイルが最後まで通るのは
 > 		% env CC=shlicc2 ./configure
 > 		% env CC=shlicc ./configure (sprintf.cに修正必要)
 > 	でした。
 > 	CC=shliccの場合、末尾添付のpatchが必要です。あてても害はないので
 > 	あてちゃってもいいと思います。
わたしは,ここで悩んでました.
これってコンパイラの方の問題ですか?
ソースとしては間違ってないと思うのですが....

でしたら,わざわざ,shlicc に対応しなくても
よいのでは? shlicc2 を前提でもいいと思いますけど.

で,コンパイルは通るのですが,LDSHARED="shlicc2 -r" に
しないとダイナミックロードでエラーになるので,
(つまり前のままでないとうまく動かない)
前の bsdi* -> bsdi3* として残さないと問題ありです.

では.