まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-list:16380] Re: ruby1.4.0 on BSD/OS 4.0"
    on 99/08/30, Jun-ichiro itojun Hagino <itojun / itojun.org> writes:

|	いまanoncvsで吸ってきましたが、コンパイルが最後まで通るのは
|		% env CC=shlicc2 ./configure
|		% env CC=shlicc ./configure (sprintf.cに修正必要)
|	でした。

情報感謝します。

|	CC=shliccの場合、末尾添付のpatchが必要です。あてても害はないので
|	あてちゃってもいいと思います。

当てましょう。

|	configure.inを読んだだけでは、
|	- shared library使いたくないときどうすればいいのか
|	- with-gccあたりの制御のココロ
|	がわからなかったので、どう修正していいのかわかりません。とりあえず
|	報告まで。

いやあ、私も良く分かんないんで(かなり無責任)、bsdi3は現状維
持ということでいきましょう。

|	Makefile.inでautoconfの存在が仮定されていますね。AC_CHECK_PROGした
|	方がいいかも。

あー、そうですね。どうしよう。なければ無視すれば良いのか。