まつもと ゆきひろです

ああ、日本語は楽だ ^^;;;

In message "[ruby-list:16282] Re: maillib? 0.5.0"
    on 99/08/24, Minero Aoki <aamine / dp.u-netsurf.ne.jp> writes:

|まず、デコードが必要なのは確かですが、デコードはインストールの時
|(例えば、make install の時に)一回すればいいので、さほど問題に
|ならないのではないかと思っています。

おそらくここが最大の相違です。

私、頭悪いんで、たとえばcgi.rb がデコードされたものとされて
ないものの両方があると絶対に混乱します。

|例えば、/usr/local/lib/ruby/1.4/*.rb には、デコードしたものを
|置くわけです。もちろん、展開したその場でオリジナルを置きかえて
|しまってもかまいません。それなら、コードとドキュメントを
|いっしょに(しかも日本語(など))で見ることができます。

あれ? ちょっと待ってくださいね。あおきさんのアイディアが良
く分からなくなりました。デコードしたものを置くんですか?

問題にしてるのはデコードされてると外人がコードを読めない(JIS
とかだと化ける可能性がある; 読めない文字が入ってると読む気が
無くなる)ことなんですけど。私はインストールされる .rb ファイ
ルはエンコードされているものだと思ってました。

|また、talkでまつもとさん自身がおっしゃっているように、RDの利点と
|して、別ファイルでなく、コードにうめこんであることがあります。

認めます。

|しかし、英語以外を別ファイルにしてしまうと、この利点が得られる
|のは英語だけで、今度は英語ドキュメントと日本語ドキュメントの
|同期を取る作業が必要になります。これでは、せっかくのRDの利点が
|失われてしまうのではないでしょうか。

ある程度認めます。

結局、抵抗があるのはどこにエンコードされたファイルがあり、ど
のようなステップデコードを行い、どこにデコードされたファイル
を置くのか良く分からないので、ただ面倒になりそうな印象が先行
するからですね。

もうちょっと詰めれば抵抗は解消されるのかもしれません。

|あるいは、Rubyスクリプトをメールで送るときには、MIMEマルチパートで
|くみこむことも、base64されてしまうこともあります。これも
|エンコードの仲間ですが、だれもこれを「プリプロセッサにかけてる」
|とは思わないですよね。

mailはもともと(約束事としての)構造のあるファイルで専用のリー
ダがあるものですが、私はまだプログラムファイルはプレーンテキ
ストで、文法以外に構造は無いと思ってますし、通常のエディタや
ページャで参照できるべきだと思ってます。

この辺も違うのかしら?

|> でも問題ないでしょうが、英語とドイツ語と日本語とか、日本語と
|> 韓国語とかだと、全体でUnicodeのようなエンコーディングを使わ
|> ないとファイルを編集できませんね。
|
|mule(emacs20)は編集できないのでしたっけ?

どのようなエンコーディングを使うかですね。ISO-2022-JP2とか?

                                まつもと ゆきひろ /:|)