ども鴫原です。

記事「[ruby-list:15565] Re: グループウェアサーバ」で、
hisanori / sitc.toshiba.co.jpさんは書きました。

> なるほど。そうすると僕は「ブラウザインタフェースで動くグループウェア」
> を中心に考えてたって事ですね。どちらにしても、グループウェアということ
> で共通に考えられる部分がありそうですね。
> 
> # でも異なる部分も相当ありそう^^;;;
> # コア部分に require で機能を追加する、みたいな方向に収束できるかどうか…。

  基本的に、フロントエンドのI/Oに相当する部分とバックエンド処理(データ
ベースなど)に分けて考えれば、バックエンド部分は共通にできるのではないか
なあ?と考えてます。

> 1) グループで情報を共有、活用する(という側面を持った)アプリケーション
> 2) メッセージサービスアプリケーション(メール、掲示板)
> 3) Notes(或いは同様のシステム)
> 
> 僕は1の様に認識してたんですが…。全体的になんとなくオフィス内という文
> 脈で出てくることが多い感じです。まぁ1で大体いいと思います。広すぎる?
> かも。

  ふーむ、私の認識は3)に近いかも知れないですね。

  ・掲示版
  ・スケジュール/プロジェクト管理
  ・稟議・出張報告などの社内文書のサポート/管理

  など、そちらかと言うと「総務」で扱うデータをmailやwebをを使って効率的
に処理できないか?と言うのがそもそもの発端でしたので。

> ありがとうございます。グループウェア或いはグループウェアサーバの持つべ
> き機能、とかその辺の世間話レベルから、適当なml上で進めさせて下さい。
> 
> # ml、どうしようかな。

  何でしたら、作っても良いですよ。

#まあ、このあたりは、なんとでもできる立場にいますんで(^^;)。

---
□ 鴫原 厚博(SHIGIHARA Atsuhiro)
■ shigi / asaka.ne.jp
□ SGmail http://www.sgmail.org/