ども鴫原です。

SGmailがIPv6で動作したようなので(確証は無いです^^;)報告します。

・RubyにIPv6対応のパッチを当てた

  Ruby-1.2.5にruby-125-v6-19990420.diffのパッチを当て、
  ./configure --enable-ipv6
  make
  make install

・faithdを使って、IPv4のimapd(cyrus版)を動かす

  http://www.v6.sfc.wide.ad.jp/v6doc/html/node118.htmlにしたがって、
imapdを動かそうとしたが、cyrusユーザでないと動かないことが判明。
  危ない方法であるが、setuidするプログラムを作成。

  #include <stdio.h>

  main() {
    setuid(geteuid());
    setgid(getgid());
    execl("/usr/local/cyrus/bin/imapd","(imapd)",NULL);
    exit(0);
  }

  これを、/usr/local/cyrus/bin/v6imapdにコピー。chown,chmodしてcyrusユー
ザで動くようにする。

  faithd imap /usr/local/cyrus/bin/v6imapd v6imapd

  で、faithdを実行。

  bash-2.01# telnet fe80:a::1 imap
  Trying fe80:a::1...
  Connected to fe80:a::1.
  Escape character is '^]'.
  * OK shigi.asaka.ne.jp Cyrus IMAP4 v1.5.14 server ready
  a000 logout
  * BYE LOGOUT received
  a000 OK Completed
  Connection closed by foreign host.

  で動作を確認。

  SGmailに、v6用の定義を追加。

shigi-imapv6 {
  imap_mode:	"imap"				# pseudo-imap
  imap_server:	"fe80:a::1"			# IMAPサーバのFQDN
  imap_port:	143				# IMAPサーバport
  imap_user:	"a-shigi"			# ユーザID
  imap_pass:	""				# パスワード
  imap_path:	"mbox"				# メールボックスのディレクトリ
  imap_trash:	"trash"				# TRASHの名前
  imap_config:	"config"			# configフォルダの名前
  imap_ever:	true				# エバーログインモード
  imap_noop:	true				# NOOP発行
  biff_timer:	120				# BIFFチェック間隔(秒)
  trash_clear:	false				# 終了時にゴミ箱を空にする
  smtp_server:	"mail.asaka.ne.jp"		# メールサーバのFQDN
  smtp_domain:	"asaka.ne.jp"			# HELOで使うドメイン or FQDN
  smtp_from:	"a-shigi / asaka.ne.jp (A.Shigihara)"	# Fromアドレス
  self_bcc:	"a-shigi / asaka.ne.jp"		# 自分自身のBccアドレス
}

実際に、SGmailを使って動作を確認。

というところです。

---
■ URL: http://www.sgmail.org/
□ ML : sgmail-list / sgmail.org
■ SRC: http://www.sgmail.org/archives/sgmail-experiment.tar.gz