お世話になっております。 A.中村です。

On Tue, 20 Apr 1999 17:12:27 +0900
takagi / etl.go.jp (TAKAGI, Hiromitsu) wrote:

>> (たとえ死んでも),子供は生き続けるのから類推すると,参照しな> くなっただけで死んでしまうのも気持ち悪いです.だいたい、GCというものは、いつ起るか分からないもので、それによってスレッドが止められるタイミングが左右されるなんてのもいやですよね。

うーん。スレッドの「止まれ」と「この世から失せろ」とが
ごっちゃになってるような気がする…。

手続き指向って、そーゆーふうにごっちゃになっちゃう概念が
なんか多いんで、いやなんだよなあ。
いったんパラメータ与えて動かし始めたら、自然終了または強制終了
するまで外から何も干渉できないとか。勿論干渉できるように小細工を
加えることは可能だが、それは既に本来の意味の手続きじゃない…。
で、小細工のやり方の集大成の一つが、oopだと言えるかなーとか(^^;。

ばらばらな各種の手続きを、(孤立化(object化)させた)「状態」を
共有させることで束ねる、ってのがoopっすよね。


delphiのTThreadオブジェクトだと、Terminatedプロパティを
よそのスレッドからtrueにしてやり、あとはその変更を
ターゲットスレッドが理解(笑)するまで待つ、です。
あと、terminatedを理解して実際に自発terminateした後に
オブジェクト自体が自然消滅するかどうか?は、コンストラクタの
引数で決まるです。うーん。