原です。

|お世話になっております。 A.中村です。

|->|やっぱり「紐の反対端」を多態せんとアカンような気が>紐er諸兄
|->紐モデルは変数->オブジェクトの関係で、オブジェクト->オブジェク
|->トの関係ではそのままでは難しいんじゃないでしょうか。
|
|なので、フックの反対側を多態(みたいな)するといいかなと思ったのでふ。
|まずいっすか?

うーむ。参照関係に対しては紐モデル自体を捨てざるを得ない
ケースもあるかもしれない。さっきの「オブジェクト b」の例
とか考えたりすると。