稲葉です。
元Lisper wanna beです。

NAKAMURA, Hiroshi wrote:

> が,いくつかの文献に見られる「制御構造を抽象化したもの」
> という文言のココロが,いまひとつ...うーん.

単純に「whileやifをこの機能を使って書くことができるから」
と思ってました。

> ついでに.
> 
> 以前Common Lisperの端くれだったらしい(^^;)なひは,
> 確かにRubyに「LISPというか関数型言語の香り」を感じます.
> で,その理由を考えてみたんですが,
> 代入が束縛で,call-by-referenceで,制御構造が式で...
> 
> みなさんの認識と異なる部分を指摘してもらえると嬉しいです.^^;

「代入が束縛で」はちょっと違うでしょう。Lispもrubyも両方とも。
「call-by-referenceで」もちょっと言葉が違うような。
「値はすべてreference」というのが近い気がします。
「制御構造が式」は異論ないです。
--
			稲葉 浩人  <inaba / st.rim.or.jp>