お世話になっております。 A.中村です。

On Thu, 18 Mar 1999 17:11:47 +0900
"NAKAMURA, Hiroshi" <nakahiro / sarion.co.jp> wrote:

->ないっす(T_T)

人生至る所、ただし稠密でなく(笑)、青山あり…

そういやMglのソースを冷静に眺めたら勝手ににexit(1)してる所があったり(^^;
特にooなRubyとお見合いさせようとする時に「勝手に消滅」は
非常に困るなぁ…と。

->VisualTestとかいうWindows用自動テストツールのβテスタを
->やってたんですが,
->「これがRuby scriptでコントロールできたらなぁ」とか思ってみたり.

テストツールのテストっすか。
テストツールってーと要するにコントロールツールなので
そのソフトをコントロールするRuby…うわぁマトリョーシカ…

->「リカバリはせず,他のスレッドがお亡くなりになるのを待って,
->最後に後始末処理をして,幕を下ろす」
->なんて処理には,新スレッド生成が合いそうですね.

シグナル着信スレッドクラスで、着信時起動されるメソッドを
決めておいて、ユーザーはそれを好きに継承して着信時に
ナニするか決めるとか(^^;

…ん?スレッドを別途起こす意味という話と離れてしまった(^^;

->> まじでプロセスを中断させるシグナルはぜんぶ捕捉しようかなと考
->おおお...(^-^)

古典言語でも同じ事ですが、特に、情報の高効率パッケージ
(どこぞの漫画の受け売り)である可愛いオブジェクト達が
無理心中させられると思うと、もう我慢ならないって感じが
しちゃったりしますぅ>捕捉できない落っこちシグナル


->終了したくない場合はどうしましょう.

上記の継承っての、無駄なアガキなんでしょうか?(^^;

うーん。クラスの名前?をどっかのぐろーばる変数にでも入れておく
事にしとけば…って、そんなんでいいのだらふか…

->	このブロックで飛んでくるはずなので,
->
->	いつ飛んでくるかわからん(例: HUP, KILL, ALRM)

こーいうのって、能動要因なシグナルと受動要因なシグナル、
とでもいうんでしょうか。

#しかし、exit(1)って…mmapが失敗するか否かなんて、受動要因だぞ(T_T)