五十嵐です。
しばらくネットワークが使えない環境でした。

Tadayoshi Funaba writes:
>先ず、現状では Time はタイムゾーンを解釈していません。それができれば、
>Marshal.dump でもタイムゾーンを保存していると思います。UTC と地方時の
>違いは、すなわち  gmtime(3) と localtime(3) の違いです。それ以上のこと
>はしていません。

わかりました。
$X が変更される度に setlocale するというのもアリかと思ったのですが、
一度しか呼んではいけないものらしいですね。

>UTC か、地方時か、だけなら、なんらかの方法で、デフォルトのデフォルトを
>設定することはできるかもしれません。まつもとさんにきいてみましょう!

グローバルなシステム変数の導入はもう止めたということなので、
駄目なようですね。

>これが少し解りにくかったと思うので、もう少し説明しますと、 Time にとっ
>て、我々が普段つかっている時刻表現は便宜的なものだし、その表現に基いて
>演算することに特別な配慮はないです。たとえば、Mashal.dump したらもうタ
>イムゾーンは関係ないです。 そういうわけで、時刻そのものでなく、 時刻の
>表現に関わる演算をする場合は、利用者のほうで、なんらかの配慮が必要な場
>面もあり得る。判定メソッドとは関係なくそういうこともあるね、という話で
>すね。

あの、「時刻の表現に関わる演算」というのが良くわかりません。
それまでのタイムゾーンが保存されていることを期待してはいけない、
という意味ですか?
正数同士を演算した結果が、正数であるとは限らないというのと同じく...
ちょっと辛いですが。

ところで、clone or dupしたときに、タイムゾーンが保存されていれば...
と思ったのですが、Timeはcloneできないようです。
これは、どういう意味があるのでしょうか?

-- 
五十嵐 晃(ikarashi / itlb.te.noda.sut.ac.jp)