福間@福岡 です。

記事 <19990313071142V.yasuf / big.or.jp> において、
わたしは書きました :

> …あ、でも、
> 
>   ruby-1.2.3         -> ext/tcltklibは常に作らない
>   rb-tcltklib-1.2.3  -> ext/tcltklibだけ作る
>                         ruby-1.2.3 と tk-ほげら に依存
> 
> というふうに分けて _作る_ というのも手ではありますね…。

とりあえず、この方針で作ってみました。

  ftp://ftp8.big.or.jp/pub/usr8/yasuf/ports/beta/
    {ruby-1.2.3.19990315.tar.gz,rubytk-1.2.3.19990315.tar.gz}

に置いておきます。それぞれ /usr/ports/lang, /usr/ports/x11-toolkits
あたりで展開してください。

# ついでに ja-rubytk-1.2.3.19990315.shar もあります。
# ほとんどジョークです:)

TclとTkのバージョンは、それぞれ TCL_VERSION, TK_VERSION で指定できる
ようになっています。マイナーバージョン番号までを、間に小数点を入れずに
指定してください(例: TCL_VERSION=42)。デフォルトでは(=package作成時も)
tcl-8.0.x/tk-8.0.xに依存します。また、WITH_TCL_JP を定義すれば、日本語化
Tcl/Tkをリンクするようになります。

なお、指定されたTclとTkのバージョンが合っていない場合
(TCL_VERSION=80 TK_VERSION=76 など)の動作は保証しません。

# やっぱり、メニューからも選択できたほうがうれしいでしょうか…?


ということで、FreeBSDな方々はテストにご協力くださいませ(__)

---
 Yasuhiro Fukuma (福間 康弘) as Yasu.F @ Kitakyushu.Fukuoka.Japan
 Web site: http://www8.big.or.jp/~yasuf/
 “君の主人公は君だ。”