やつです.
# FreeSolarisが来たけど,diskが足りない(;_;)
# しかも,DC-390U/Fをうまく認識してくれないし(;_;)

In message "[ruby-list:12823] Re: FreeBSD port kit and tcltklib"
    on 99/03/13, Yasuhiro Fukuma <yasuf / big.or.jp> writes:

 |ええと、条件がちょっとわかりづらかったのですが、

すみません.
 
 |  WITH...\Tk  なし  あり
(省略)

 WITH_TCL_TKLIBの値 | ext/tcltklibの有無
 -------------------+-------------------
  NO                | 無
  YES               | 有
  指定なし(default) | 無

として,

  WITH_TCL_TKLIB=YESの場合だけext/tcltklibをコンパイルする

ようにする,ということです(portsの場合).
	 	 
 |ちなみに、make変数は「定義されているか」の確認だけで、値として何が入って
 |いるのかは(値そのものに意味がある場合を除いて)確認しないほうが望ましい
 |そうです(no/NO/false/off/nope/否... と何でもアリなので)。
 |
 |# if foo.ok? == true then ... end より if foo.ok? then ... end のほうが
 |# betterなのと同じ

なるほど.これだと,

  WITH_TCL_TKLIBが定義されている時だけ,
  ext/tcltklibをコンパイルする

としたほうがいいのかな.
# make with_tcltklib とか.

 |> まあ,今時のユーザはXまでサクッとインストールしちゃうでしょ
 |> うし,わざとXをインストールしないで,console onlyで利用する
 |> 人は,自分でportsからmake buildできる人であると仮定しても問
 |> 題ないと思います.
 |
 |ふむ、ただ不用意に依存関係を作ってしまって「Rubyを動かすにはX11が必要」
 |という変な誤解を生むのも嫌なので、なるべくなら本質的でない依存関係は
 |必要最低限にしたいところです。

そうですね.となると,やはり

 |> 世界征服を狙うRubyとしては,
 |>   ruby-{1.2.3,dev}
 |>   ruby-tk80-{1.2.3,dev}
 |>   ja-ruby-{1.2.3,dev}
 |>   ja-ruby-tk80-{1.2.3,dev}
 |> とかpackageで用意しちゃうのもいいかも:-)
 |
 |なるほど…その手があったか(笑)

これかな(^^;;

# ports的には,post-patchでext/tcltklibを(tcl/tkのどの
# versionで)使うか聞いてくるようにするのがいいと思います.
# 丁度,ghostscript 5(かな)で,どのdriverを入れるか聞いてく
# るみたいに.

-- 
谷津昌樹
yatsu / ele.kimmon.co.jp