----Next_Part(Sat_Mar_13_13:16:30_1999_179)--
Content-Type: Text/Plain; charset=iso-2022-jp
Content-Transfer-Encoding: 7bit

土岐です。

すいません。
文字してしまったのでもう一度送ります。

----Next_Part(Sat_Mar_13_13:16:30_1999_179)--
Content-Type: Text/Plain; charset=iso-2022-jp
Content-Transfer-Encoding: 7bit
Content-Disposition: attachment; filename=perllib.release

土岐です。

Ruby から Perl を使うライブラリをバージョンアップしました。
以前のバージョンからの主な変更点は次の通りです。

  * Ruby の文字列を Perl の文字列に変換する String#to_perl メドが 
    ruby-1.2.3 での String#dump の不具合に対応しました。あと、'$' と '@' 
    をエスケープしていなかったバグを気靴泙靴拭

  浮動小数点をバイナリ文字列にパックしてから Ruby, Perl 間で受け渡すよう
    にしたので、浮動小数点の精度が完全に保たれるようになりました。このため、
    以前から浮動小数点の変換用に用意されていた PerlConv::float メドの
    使用は推奨されなくなりました。代わりに PerlConv::pack_f, PerlConv::unpack_f, 
    PerlConv::PACK_F, PerlConv::UNPACK_F を組み合わせて使ってください。

  * PerlConv モジュールの関数型メドの名前を変更しました。クラスメ
    ドは以前と同じで、関数型メドはクラスメドの頭に perl_ を付けた
    名前に変わりました。

  * PerlConv モジュールにサブルーチンなどで使うデータ変換用の手続きオブジェ
    クトをクラス定数として用意しました。

  * Perl の配列とハッシュのクラスに、値を適当に変換してから返すメドを
    定義しました。get_b, get_i, get_f, get_s, get_b_indexes, get_i_indexes, 
    get_f_indexes, get_s_indexes というメドでぞれ論理値・整数・実数・
    文字列に変換します。

使ってみたい人は御自由におとりください。

    http://www3.phys.sci.kobe-u.ac.jp/~toki/ruby/ruby-perllib-19990313.tar.gz
    http://www.freedom.ne.jp/toki/ruby/ruby-perllib-19990313.tar.gz

----------------------------------------------------------------------------
土岐 仁謙	神戸大学物理高エネ研 M1
URL: http://www3.phys.sci.kobe-u.ac.jp/~toki/index.html
PGP fingerprint  0 A8 90 AB 73 F8 34 FE  CE CA DB BF 01 30 C0 35

----Next_Part(Sat_Mar_13_13:16:30_1999_179)----