前田です。
// なんでruby-listで他の言語を擁護してるんだろう>私

中村暁史 <anakamur / exa.i-tech.co.jp> writes:

> ->例えば、Rubyの場合、read onlyな属性のアクセスメソッドと、Array#sort
> ->のような副作用のためのメソッドは文法的には区別が付かないので、プロパ
> 
> ごめんなさい。掟破りなコンポをいつも作って遊んでいます(笑)>delphiで
> プロパティエディタで「Playing」プロパティをtrueにしたら
> 演奏を開始する演奏コンポとか(^^;

それでもPlayingはやっぱりプロパティでしょう?
Array#sortはプロパティとは言えませんけど。

> 変な話はさておき、区別が付かない(書き手に委ねられてしまう)のは、
> あんまりどっちも変らないような気がします。

プロパティとは呼べないようなものをプロパティとして定義しているとした
ら、それはそのプログラマが悪いんです。
わざわざそんなことをするのは余程ひねくれた人ですよね?

> delphiの場合は、二つヤラシイ点があります。
> 1つはコンパイル言語かつ型付きつい言語としての宿命、
> もう一つはprocedureとfunction(値を返すかどうか)の違いが
> 明確にせんとならんという奴。おかげでやたらと色々なクベツがつきます(笑)

ええと、これはDelphi特有の話というよりPascalの話ですね。

前者については、強い型を持った言語だからといって別にヤラシイとは思い
ません。
むしろ、もっと厳密にやってもいいんじゃない?って思うくらいです。
# ボクはCLUやSatherも好きなので。

後者はそういう約束ごとなので仕方ないと思うしかないですね。

-- 
前田 修吾