お世話になっております。 A.中村です。

On Fri, 12 Mar 1999 14:12:47 +0900
Shugo Maeda <shugo / netlab.co.jp> wrote:

->class Foo
->  def bar
->  end
->  def bar=(obj)
->  end
->end
->
->というメソッドがあったとしても、barとbar=の間には何の関連もありませ
->んよね?
->これがFooのbarという属性のgetter/setterである、ということは、慣習的
->にそういう場合が多いということから来る推測でしかありません。

あれ?Moduleクラスのメソッド「attr」って
関連を喚起する(^^;のがオシゴトであるメソッドなのかなと
思ってたんですが、違ったでしょうか。
#属性という単語がちゃんと出てくるし>まにゅある

順番が逆なのかな。上記attrを使うと、まず属性名を決めて
それに従う(よって常に同じ名前になる…?)かたちでメソッドも
自動定義される。delphiは逆にメソッドとかの定義を先にして
後からプロパティに関連付け。微妙な食い違いはありますね(^^;

->このように言語でプロパティという概念が規定されていることは、コン
->ポーネントベースのプログラミング環境の実現に役立っていると思います。

役だってはいますが、出生のヒミツ(「ため」)がそれであったかどうかは
設計者にきいてみないと、なんとも…(^^;
少なくとも言語仕様としては前述のように、コンポに依存した概念ではないので。
コンポも(それ以外も)propertyを使ってるだけ。

->逆にこのような仕組みがない場合はJava Beansみたいにプロパティの登録手
->続きが別途必要になってきてちょっと面倒ですよね。

あーあれはちょっと困りますよねー。ちょっとsunちゃん
言語仕様の固定への拘りが強すぎでないかなーって。

#あれこそ本当に「コンポのため」でしかないですよね。きっと(^^;