moochan です.

肝心の [ruby-list:12751] が間引かれてしまったので
Webから取ってきてレスしてます.

# うーむ.時々あるなあ.こんなこと.

>|>この場合は!を付けるのではなくて、
>|>
>|>   def step=(step)
>|>     @step = step; check_of_step
>|>   end
>|>
>|>とするのがRuby流です。
>|
>|ん?? '!'と'='の違いを,もう少し明確にご説明願います.
>|# '='には直しますが.
>
>「属性の設定」風に見えるメソッドには末尾に = を付けた名前で
>定義しておくと
>
>  obj.attr = 5
>
>のような一見代入風の構文でメソッドを呼び出せて気分が良いから
>です.意味もストレートに伝わるような気がしません? 正しく使
>いさえすれば.

な〜る,ほ,ど〜.これは完璧に Ruby オリジナルだ.(と思う)

# self.step=(5) が, step = 5 かあ(う〜む.Artだ,クレージーだ)

# だから,以前,オブジェクトもメソッドも区別がないと言う話だったんだ.

ところで、'?','!','='の他に,Rubyではどんな「メソッド接尾語?」が
用意されているんでしょう?

# まさか '==','!=','>=' などの比較演算子はないよねえ?

P.S.
# Intervalクラスを修正したのでポストしたいのですが,ファイル添付で対応
# し続けて構わないでしょうか ?

---
moochan