わたなべです.

Masaki YATSU <yatsu / ele.kimmon.co.jp> writes:

:  % ruby /usr/share/ruby/lib/rskkserv /usr/share/skk/SKK-JISYO.L
:  (C:\USR\BIN\RUBY.EXE 1001) Exception: STATUS_ACCESS_VIOLATION
:  //c/usr/share/ruby/lib/skk.rb:205: [BUG] Segmentation fault
:
:となってしまいます。

cygwin32 のバグのようです.
子よりも先に親が exit すると SEGV になってしまう.

main()
{
    if (fork()) {
	printf("Parent\n");
	exit();
    }
    sleep(1);
    printf("Child\n");
}

というわけで -d で fork しないようにして実行してください.

#だから inetd.exe も -d つきじゃないと SEGV になってしまうのか.
#やっとわかった.

-- 
わたなべひろふみ