こんにちは、GNUE(鵺)です。


 Ruby とは話題が離れますが...

D.Kanda:
>> http://www.na.rim.or.jp/~kusumoto/dylan.html
>> 
>> ってなんですか?、
>> 動的オブジェクト指向ってなにが動的なんですか?
>
>  なぜ出てきたのか分からないんですが、面白そうな言語ですね。
>  興味ある言語ばかり溜まっていく…。時間が欲しい。
>
># ダイランにグイディオンなんて、勇者系ロボットアニメのような名前だ(^^;

 Dylan の発音は『ディラン』ですね(^^;

 Dylan は Apple が開発した言語で、SmallTalk や LISP の
 影響を受けているらしいです。

 処理系は Mac で動作する Apple 自身による統合環境と、
 UNIX で動作するいくつかの処理系が存在します。

 何が動的なのかはよくわかりませんが(笑)、C++ がオブ
 ジェクト指向とのたまわっているので、それと区別するた
 めかも(^^;

 特徴は、タイプチェックが静的と動的のデュアル方式で、
 バイトコンパイル時に静的にリンクできるものはリンクし
 てしまうようです。これにより実行速度をあげて、開発時
 にチェック可能なバグはみつけてしまおうという戦略のよ
 うですね。


---
GNUE(鵺)