まさと です.

> 中村 のりつぐ です。

どうもです.

> > 過去にあったものとちがい,自分が使いやすいように
> > メソッド名,引数の個数などを変更しています.
> 
> 見たいです〜

http://ruri.csys.ce.hiroshima-cu.ac.jp/~masato/yaGD.tar.gz
に置いておきます.
コメントを頂けると,うれしいです.
僕*には*使いやすいのですが..

> 現在の GD は Perl の GD module に相当
> 近い構造になっていると思います、多分。

ですね.
今回は,Ruby拡張ライブラリに慣れるために作ったので
近い構造になってるかも?
まつもとさんのソースや,中村さんのパッチを
参考にしてますし.
#パクッてるともいう

> > 過去のプログラムのことも考えて,互換があるように
> > 変更してRAAにおくべきなのでしょうか?
> それでは、つまらない気が…

たしかに.
僕の友達にも,どうせなら,gdのlibraryから
書き直せと言われました..

> comp.lang.perl* では、GD や PNGGraph の話がぽつぽつ
> あるのですがね〜

利用者数の違いですかねぇ?

> 使用者を増やすには、もう一段上の階層のライブラリを
> 作らないとダメなんだろうな〜

かもしれません.
あとは,魅力的なデモとか
それを用いたアプリケーションがあるといいですよね.

今度は,PDF, libplotなんかを
見てみようと思ってます.
#全部,中村さんがやってたりする...