福間@福岡 です。

記事 <200001120743.QAA02555 / taka.suenaga.cse.nagoya-u.ac.jp> にて、
Daisuke Furukawa <dfuru / suenaga.cse.nagoya-u.ac.jp> さんは書きました:

> 今回改めて調べてみて分かった(と思う)のですが、この問題って
> PR: bin/14167, bin/13039, bin/10274 あたりではないでしょうか。
> 
> http://www.FreeBSD.org/cgi/query-pr.cgi?pr=10274
> http://www.FreeBSD.org/cgi/query-pr.cgi?pr=13039
> http://www.FreeBSD.org/cgi/query-pr.cgi?pr=14167

おお、なるほど…なんとなくそれっぽいですね。

# しかし、こんなこともできるのかぁ…makeは奥が深い…。

> パッケージの作成環境など詳しいことは全く知らないのですが、
> この修正がパッケージ作成用のマシンに入ったために、
> それまで失敗していたのが正常に動くようになったとは考えられませんか。

パッケージ作成マシンは最新の -current / -stable の環境で動作している
はずなので、fixが入った時点で自動的に直ったのでしょうね。

> >> > (2) 「.SUFFIXES :」という一行を Makefile に入れておく
> >
> >これで直るのであれば、とりあえずportのほうにはpatchをつっこんで
> >おこうと思いますが、どうなんでしょう? > 再現する環境をお持ちの方
> 
> FreeBSD なマシンが手元にないので試してないです。が、多分直ると
> 思います。

というわけで、のちほどpatchをsend-prしておきます。

---
 Yasuhiro Fukuma (福間 康弘) as Yasu.F @ Kitakyushu.Fukuoka.Japan
 Web site: http://www8.big.or.jp/~yasuf/
 PGP fingerprint = 17 25 8A F3 99 E5 7E 19  C0 EA 6E 03 8A C3 CE F0
 “I hate AMERIKA-JIN.”