京都大学の高橋です。

  Ruby/Gtk で Input Method の低レベルな操作を行なうためのパッチを書きました。
それ以外にも Gdk 以下のいくつかのクラスにメソッドを追加しています。
ToDo を見ると近い将来(?)rbgdk.c の分割が行なわれるみたいなので、
Input Method 関係のソースは別ファイル(rbgdkim.c)にしてみました。
ものはいつもの場所
   http://www-nh.scphys.kyoto-u.ac.jp/~thitoshi/ruby/gtk.html
からリンクが張られています。
一応、うちの環境
% kinput2 -version
kinput2 version 2.0 fix 5 -alpha1-  (1998/08/11)
        options: [Canna2] 
ではサンプルの testim.rb が動作しましたが、
不十分なところがあるかもしれません。

  なお、パッチは ruby-gtk-SNAPSHOT-19990829 との差分になっています。

  最後に今回のパッチの内容を以下にまとめておきます。

・Gdk::IM モジュールと Gdk::IC, Gdk::ICAttr クラスの追加(src/rbgdkim.c)
・Gdk::Window#get_size, get_events, set_events の追加
・Gdk::Font#font_type, string_height の追加
・Gdk::Point#x=, y= の追加
・Gdk::Rectangle#x=, y=, width=, height= の追加(以上 rbgtk-im.patch)
・Gdk::IM を使うサンプル sample/testim.rb


#これで簡単な日本語ワープロが作れる、、、、かな?

-------------------------------------------------------------------
                       TAKAHASHI Hitoshi
      Experimental Nuclear and Hadronic Physics Laboratory
             Department of Physics, Kyoto University
            E-mail: thitoshi / ne.scphys.kyoto-u.ac.jp
  URL: http://www-nh.scphys.kyoto-u.ac.jp/~thitoshi/member.html
-------------------------------------------------------------------