小松です。

mswin32のImlibサポートです。

ruby-gtk-SNAPSHOT-19990803.tar.gzとgimp-setup-19990726.zipで確認。

Imlibサポート以外は以下のような感じです。

1.  makeの変数RUBYを使うということはruby-1.3.6以降を仮定している
    と判断して$OBJEXTを使用した。

2.  ruby$(binsuffix)は、$(binsuffix)がobsoleteになったのと
    cleanでわざわざ消すこともないだろうということで削除した。

3.  $objs << " "はいらないと信じて削除した。

4.  $LOCAL_LIBSはmswin32では意味がないため設定しないようにした。

5.  mswin32用のtopレベルのMakefileにinstallとcleanのターゲットを追加した。

--- extconf.rb.dist Tue Aug 3 10:40:19 1999 +++ extconf.rb Tue Aug 3 22:39:12 1999 @@ -88,8 +88,10 @@ begin end + if /mswin32/ =~ PLATFORM + if have_library("gdk_imlib", "gdk_imlib_init") + $CFLAGS = $CFLAGS + " -DHAVE_GDKIMLIB" + end + end have_func("XReadBitmapFileData") - obj_ext = ".o" - if /mswin32/ =~ PLATFORM - obj_ext = ".obj" - end + obj_ext = ".#{$OBJEXT}" @@ -120,11 +122,11 @@ begin $objs << "rbgdkkeysyms.lib" - $objs << "rb13to12.obj" - $objs << " " else $objs << "librbgdkkeysyms.a" - $objs << "rb13to12.o" - $objs << " " end - $LOCAL_LIBS = $local_libs = " -L. -Lext/gtk/src -lrbgdkkeysyms " + $objs << "rb13to12" + obj_ext + + if /mswin32/ !~ PLATFORM + $LOCAL_LIBS = $local_libs = " -L. -Lext/gtk/src -lrbgdkkeysyms " + end @@ -201,3 +203,14 @@ all: @cd src - nmake + @nmake -nologo + +install: + @cd src + @nmake -nologo install DESTDIR=$(DESTDIR) + +clean: + @cd src + @nmake -nologo allclean + @cd .. + @-rm -f Makefile extconf.h conftest.* + @-rm -f gtk.lib *~ " @@ -214,3 +227,3 @@ clean: @rm -f Makefile extconf.h conftest.* - @rm -f core ruby$(binsuffix) gtk.a *~ + @rm -f core gtk.a *~ " -- 小松克行 / Katsuyuki Komatsu <komatsu / sarion.co.jp>