木村です。細かいところは忘却のかなたなんですが

        In article [ruby-ext:00556] mswin 版で /MD つけると未解決シンボル
          (<19991125164415T.chiba / lab.imagica.co.jp>),
	  Keisuke CHIBA <chiba / lab.imagica.co.jp> writes:

>なぜ /MD オプションをつけると未解決シンボルが出るのかはわか
>りませんが, 未解決になっているシンボルは win32.c の中でソケッ
>ト対応の fdopen() を実現するのに使われているようです.

/MDオプションってmsvcrt.dllを使うようにするものでしたっけ?
もしそうなら、ソケットと同時に使うようにはできませんでした。
#私はそこで諦めたわけですが

>・Ruby のソースに含まれている win32.c はどこかから持ってきた
>  ものなのか. そうであれば, それはどこからか. それを最新版に
>  するにはどうすればよいか

初めからあったものもあればその時々で(その頃のPerlから)持ってきた
部分もあります。ソケット周りは確か豊福さんの作業がベースだった
ように記憶してます。

ほとんど情報無くてごめんなさい。

-- 
木村浩一
            May the source be with you.
    e-mail kbk / kt.rim.or.jp
           kimura / sqa.canon.co.jp