いがらし%ruby-gtkメンテナ です。

予定より少々遅れましたが、ruby-gtk-0.19pre1 をリリースします。

http://www.ueda.info.waseda.ac.jp/~igarashi/ruby/ruby-gtk-0.19pre1.tar.gz

から持っていって下さい。testgtkやらAPI Documentのせいで
215,736 byte にまでふくれ上がってしまいました。ごめんなさい。

0.18からの主な変更点は次の通りです。

  - makeのためのシェルスクリプトをrubyで書き換えた。
    - makedefconst.sh -> makedefconst.rb

  - recompile時間短縮のため、rbgtk.cを数クラス毎に分割。
    (もっと細かく1クラス毎の方がいいかな?)

  - 処理高速化のため、すべてのruby-gtkのオブジェクトを参照している
    gtk_object_listをArrayからHashに変更した。

  - クラス・メソッドの追加(大量なので省略;CHANGELOGを参照)

  - sample/testgtk
    - clist.rb,dialog.rb,labels.rb,text.rb,tooltips.rb の追加
    - その他bugfix, GTK+1.2対応

  - API Document同梱開始(まだほとんど書いていません)

詳しくはCHANGELOGあるいは、過去記事
[ruby-list:14922], [ruby-ext:00252], [ruby-ext:00256],
[ruby-ext:00234], [ruby-list:14874], [ruby-ext:00242],
[ruby-ext:00245], [ruby-ext:00246], [ruby-ext:00251],
[ruby-ext:00255] 等を参照して下さい。

かなりソースをいじくり回したので、他の環境での動作が心配です。
動作報告よろしくお願いします。

----
五十嵐  宏  (Hiroshi IGARASHI)