米倉です。

> > つまりはこのような構造にするということでしょうか?
> > [Ruby Object]        [C struct]
> > OpenCV::IplImage --> Object_IplImage ---+-> IplImage *image
> >                                         |-> VALUE origin;
> 
> そういうことです。
なるほど、参考になります。とりあえずこの形で進めていこうと思います。

> > *originが指してる先は一番始めにIplImageを読み込んだRubyObject
> 操作用領域からさらに操作用領域を作ることもできるんでしょうか。
> 中間だけが解放されても問題ないなら一番最初のものを指すのでもい
> いでしょうし、一つ前の直接元になった領域でも大丈夫だと思います。
作れますが、領域Aからさらに領域Bを作っても、Bが参照しているメモリは大本
の画像のようなので大本が開放されなければ大丈夫だと思います。

ありがとうございました。
---------------------------------
 [ Kanagawa University ]
 Masakazu Yonekura
 mail: kazu / goto.info.kanagawa-u.ac.jp
---------------------------------