In article <20031113133454.994A.GGB03124 / nifty.ne.jp>,
  Take_tk <ggb03124 / nifty.ne.jp> writes:

> で出てきた杉浦さんの vfs と akrさんの vfs.rb を試してみたのですが、どち
> らも Windows形式のpathは開けませんでした。
>
> http://cvs.m17n.org/cgi-bin/viewcvs/vfs/vfs.rb?rev=HEAD&cvsroot=ruby&content-type=text/vnd.viewcvs-markup
>
> http://sugi.nemui.org/pub/ruby/vfs/libvfs-ruby-0.0+a10.tar.gz
>
> akr さんのほうは2行加えることでどうにかなりました。(1文字のプロトコル
> はあり得ないものとして良いですよね?)。

私の vfs.rb はごく実験的な物で、その方向性は良くないという結論に達しました。

私は、open-uri.rb で実装してある、「Kernel#open は 引数が open に反応
できるならそれを呼ぶ」という機構が良いと思っています。

したがって、

> * Linuxのデスクトップの「ネットワークサーバ」(Nautilus)でSambaのサー
> バにアクセスすると「smb://server」という形式のpathになります。これにも、
> 対応してくれるとありがたいです。
>
> * ssh でアクセス可能なサーバのファイルは開けないかな?

というようなことがしたければ、それぞれのファイルを指し示すオブジェクト
を作り、open という(public な)メソッドを実装してください。そのオブジェ
クトを Kernel#open に渡せばその open が呼ばれます。
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]