杉浦です。

>>> In Message "[ruby-ext:02223] Re: VFS for ruby"
>>>            <871xthc45k.fsf / serein.a02.aist.go.jp>,
>>> Tanaka Akira <akr / m17n.org>  said;
> > 書き込みオープン等の事を考えると URI や pathname の拡張ではやりにくい
> > ように思いました。まあ、結局何処ににメソッドを置くかとか、どのクラスの
> > メソッドを呼ぶかの違いでしかないのですが……

> そのやりにくいというのはどんな理由ですか?

> 書き込みをサポートする気がまったく無いわけでもないので、うまくないとい
> う理由には興味があります。

ごめんなさい。思わず「書き込みオープン等」なんて書いてしまいましたが、
書き込みだけならそれほど厄介な点はなさそうです。


殆ど他の理由でした。単に私が書きにくいと思っただけで、勿論出来ないと
言う訳じゃないですが……

ディレクトリのサポートがありました。これは勿論、同じクラスにメソッドを
混在させても良かったのでしょうが、やっぱり分けたかったのです。
# でも、URI::HTTP::{File,Dir} と分けるとツリーが変ですし

それから、URI クラスがサポートしていない、しかも、RFC で定義されないような
変なURI を扱う予定がありました(zip:, pop:, mbox:, gzip: とか)。
あと、ネストしたスキームを扱う予定もありました。
# tar:zip:http://serv/file.zip/dir_in_zip/file.tar/file_in_tar_in_zip
# みたいな。
この辺で使うメソッドを、全部 URI::Generic に突っ込むのはいやですし、かと
いってこの辺りの非標準スキームの為に URI のサブクラスを勝手に定義するのは
やりたくなかったです。

この辺があって URI を拡張するというのは最初から頭から抜けていました。

-- 
Tatsuki Sugiura   mailto:sugi / nemui.org