佐藤(健)@KCOM です。
いつもお世話になっております。

At Mon, 17 Feb 2003 11:11:32 +0900, KUBO Takehiro wrote,

>久保@茅ヶ崎市です。
>
>> 成功しました。ありがとうございます。
>> NUMBER(10)用 のパッチも適用しています。
>ほっ。良かった。

ありがとうございます。_o_

>warning の件に関しては、以下のパッチを当ててください。
>ちょうど、昨日の深夜に直したところです。
>
>--- src/handle.c~	2002-09-12 23:13:58.000000000 +0900
>+++ src/handle.c	2003-02-17 01:32:52.000000000 +0900
>@@ -142,6 +142,8 @@
>     break;
>   case OCI_HTYPE_STMT:
>     obj = Data_Make_Struct(cOCIStmt, oci8_handle_t, oci8_handle_mark, oci8_handle_cleanup, h);
>+	rb_ivar_set(obj, oci8_id_define_array, Qnil);
>+	rb_ivar_set(obj, oci8_id_bind_array, Qnil);
>     break;
>   case OCI_HTYPE_SERVER:
>     obj = Data_Make_Struct(cOCIServer, oci8_handle_t, oci8_handle_mark, oci8_handle_cleanup, h);
>
>では、再見

このパッチを当てましたが、make 時の ld の warning は消えないようです。

----------
gcc -Wl,-G -L/usr/local/lib/ruby/1.6/sparc-solaris2.8 -L/usr/local/lib -o oci8li
b.so oci8.o handle.o const.o env.o error.o svcctx.o server.o session.o stmt.o de
fine.o bind.o describe.o descriptor.o param.o lob.o oradate.o oranumber.o attr.o
  -lc -L/opt/SUNWcluster/lib -R/opt/SUNWcluster/lib -o build -L/app/oracle/produ
ct/9.2.0.1.0/rdbms/lib/ -L/app/oracle/product/9.2.0.1.0/lib/  -lclntsh -lnbeq9 -
lnhost9 -lnus9 -lnldap9 -lldapclnt9 -lnsslb9 -lnnis9 -lnoname9 -lntcp9 -lntcps9
-lnsslb9 -lntcp9 -lntns9 -lnsl -lsocket -lgen -ldl -R/app/oracle/product/9.2.0.1
.0/lib -laio -lposix4 -lkstat -lm -lthread -ldl -lcrypt -lm
ld: 警告: オプション -o が複数回存在します。最初の設定で行います。
----------
上記3行目の " -o build" を単に含まなければいいような気がします。

では。