久保@茅ヶ崎市です。

nobu.nakada / nifty.ne.jp writes:

> At Mon, 22 Jul 2002 11:58:34 +0900,
> KUBO Takehiro wrote:
>> 8.0.5 では、%ORACLE_HOME%\OCI80\INCLUDE ですが、
>> 9.2.0 では、%ORACLE_HOME%\OCI\INCLUDE のようです。
>> 
>> 8.1.x ではどうなのか知りたいのです。
>> 
>> うーむ、%ORACLE_HOME%\OCI* で glob して、チェックしまくるという手
>> もあるかな?
>
> dir_config("oci")とかは使わないんでしょうか。ちらっと見たところ
> では、環境変数渡し?

ううむ、Win版には使えるかな。けどまあ、dir_config じゃなくて、
with_config で十分でしょう。OCI 用ディレクトリの場所がわかれば、
あとは決め打ちかまわないので。

# オープンソースの場合はパッケージやインストール方法によって場所が
# いろいろ変わりますが、Oracle の場合は ORACLE_HOME がわかれば後は
# 決め打ちでほぼ問題ない。

Win版では ORACLE_HOME の値は環境変数の他にレジストリを探します。ちゃ
んとインストールされているのなら、レジストリに値がはいっているはず
だし、そもそもレジストリに値がなかったら、Oracle に接続できない。

問題は ORACLE_HOME の下のどのディレクトリに OCI 用の Include ファ
イルと OCI.LIB があるかどうかですね。OCI80 ディレクトリにあるのか、
OCI ディレクトリにあるのか。

UNIX版の場合は環境変数渡しのみですが、Oracle に接続するユーザの
.profile や .cshrc には ORACLE_HOME が設定されているものなので、手
間なことではないのではないかと。
# 環境変数になかったら、/etc/oratab を見るという手もあるか。(^^;)

では、再見
-- 
神奈川県茅ヶ崎市在住 久保 健洋
email: kubo / jiubao.org
web:   http://www.jiubao.org
GnuPG fingerprint = 5F7B C8EF CA16 57D0 FDE1  9F47 C001 1F93 AC08 2262