助田です。ruby-win32と両方に投げておきます。

In message "[ruby-ext:02072] Re: BSTR with win32ole"
    on 02/03/09, Tietew <tietew-ml-ruby-ext / tietew.net> writes:

> > いっそのこと
> > 
> >   rs.Fields(0).AppendChunk WIN32OLE_VARIANT.new("hoge", BSTR|MB)
> > 
> > みたいに、WIN32OLE_VARIANT型を用意した方がいいんじゃないかと
> > 思い始めました。
> > 
> > # WIN32OLE_VARIANT.new("hoge", BSTR|WC) だったらワイドキャラクタ化する。
> > 
> > やり過ぎという気もしないではないのですが、あってもいいんじゃないかと
> > 思い始めてます。どう思われますか?
> 
> VARIANT(特にワイド文字列)は OLE だけのものじゃない(ふつうの
> Win32API にも渡したいことがあるかも)ので,できるならジェネリッ
> クな Win32::VARIANT 相当のものが欲しいですね。

えーと、ちょっとイメージが湧かないんで、Win32::VARIANT相当のもの
がどんなものかもう少し説明していただけませんか?
Win32API拡張ライブラリで定義したWindows APIの引数に Win32::VARIANT
相当のものを指定するってことでしょうか?
私としては、最終的にPerlのWin32::OLE::Variant相当のものを用意することを
想定しています。

  助田 雅紀