わたなべです.

Yukihiro Matsumoto <matz / zetabits.com> writes:

:の方が使いやすいようです。問題はバージョンですが
:
:  3. バージョン依存 -> 非依存
:
:
:
:  3. バージョン非依存 -> 依存
:
:のどっちが使いやすいですかねえ。wrapperとして使われるなら、
:後者ですし、完全に置き換えるなら前者ですよねえ。

現実的にはバージョン非依存のスクリプトを書くのが難しい、つま
り互換性の問題が結構あるので、順番は前者というか置き場所とし
てバージョン依存のところsite_ruby/1.6になってしまう気がして
きました。
でもバージョン依存しか使われないならどっちでもいいのか。
と思ったらoptparseとriがsite_rubyにインストールされてる。
うーむ。

:Perlは
:
:/usr/local/lib/perl/5.6.1
:/usr/local/share/perl/5.6.1
:/usr/lib/perl5
:/usr/share/perl5
:/usr/lib/perl/5.6.1
:/usr/share/perl/5.6.1
:/usr/local/lib/site_perl
:/usr/lib/perl5/5.6
:/usr/lib/perl5/5.005/i386-linux
:/usr/lib/perl5/5.005
:.
:
:でした。なんでこんな変なパスなの?

Configure次第なのかな。
毎回
  % ./configure.gnu -Dprefix=/usr/local -Dcc=gcc
で作ってます。

% perl -e 'print join("\n", @INC), "\n"'
/usr/local/lib/perl5/5.6.1/i586-linux
/usr/local/lib/perl5/5.6.1
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.6.1/i586-linux
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.6.1
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.6.0/i586-linux
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.6.0
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.005/i586-linux
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.005
/usr/local/lib/perl5/site_perl
. 
% ls /usr/local/lib/perl5/
5.00503  5.6.0	5.6.1  site_perl
% ls /usr/local/lib/perl5/site_perl
5.005  5.6.0  5.6.1

5.005とか5.6.0がなければ@INCにも登録されません。

でも考えてみるとPerlはFoo.soとFoo.pは全く違うから、
アーキテクチャ依存の話はRubyのように考えちゃいけないのか。

-- 
わたなべひろふみ