例によって問題をよく理解してるとは思ってませんが、

In message <5737-Mon25Jun2001184544+0900-eban / os.rim.or.jp>
	on Mon, 25 Jun 2001 18:45:44 +0900,
	WATANABE Hirofumi <eban / os.rim.or.jp> wrote:
> :うむむ、では
> :
> :/usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.6
> :/usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.6/i386-linux
> :/usr/local/lib/ruby/site_ruby
> :/usr/local/lib/ruby/1.6
> :/usr/local/lib/ruby/1.6/i386-linux
> :
> :なら被害最少?
> 
> そうかもしれない。でも美しくないですね。
> 将来的にはどうしてこんな順番なのだと文句を言う人が出てきそう。
> 
> というわけで、やっぱ
> /usr/local/lib/ruby/site_ruby
> /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.6
> /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.6/i386-linux
> がいいのかなあ。
意味的には、

	1. 追加分 site-ruby -> 標準
	2. アーキテクチャ依存、バージョン依存、非依存

といった順番が自然に思えます。

/usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.6/$arch-$os
/usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.6
/usr/local/lib/ruby/site_ruby
/usr/local/lib/ruby/1.6/$arch-$os
/usr/local/lib/ruby/1.6

といった感じ?

--
神戸 隆博(かんべ たかひろ) at home