yoshi@giganetです。
何度もご迷惑かけます。

On Sat, 05 May 2001 08:26:18 +0900, "Akinori MUSHA" <knu / iDaemons.org> wrote:
>At Sat, 05 May 2001 02:03:17 +0900,
>Yoshiyuki Kusano wrote:
>> OpenGL 0.32とMath3d 0.02のアーカイブを少し修正しました。
>> OpenGL Interface 0.32
>>  Cygwinでコンパイルできるようにわたなべさんのパッチをあてたものを
>>  再パッケージしました。(コンパイルはできるけど、requireに失敗して
>>  しまうかも。私の方ではcygwin1.3.1+ruby-1.7でしかうまく行きません
>>  でした。)
>
> う、これをやってしまうと、せっかく配布ファイルにバージョンを
>付けた意味が半減してしまいます。内容が変わるときは、ぜひとも
>ファイル名に a や b を付けるなどして別ファイルにして頂ければと
>思います。

何度もすいません。
OpenGL Interfaceはrbogl-0.32a.tgzとして再度入れようと思います。
(武者さんの変更部分も取り込んでます)

>の修正が反映されていないようです。dir_config() にはデフォルト値を
>指定できますので、うまく使えば環境依存のパスをハードコードしないで
>済みます。 :)

あぁ、こうするとデフォルト値を設定できるのですね。
# mkmf.rbのぞいていたのに気づかなかったです。

> しかも今回のケースでは、上の修正をしないと、もし /usr/X11R6 と
>/usr/X11 がそれぞれあって /usr/X11 の方を使おうと思った場合、
>--with-x11-dir=/usr/X11 としても CFLAGS には -I/usr/X11R6/include
>-I/usr/X11/include という順番で指定されるので、結局 /usr/X11R6 の
>方が優先されてしまいます。
>
> /usr/X11R6 と /usr/X11 が両方あるというのは、例えば XFree86 と
>Accelerated X を共存させているような場合の話です。XFree86 3.3.x を
>/usr/X11R6、 XFree86 4.x を /usr/X11R6.4 に入れているという場合も
>同様ですね。

なるほど。そういうことなのですね。
すいません。そこまで考えてませんでした。

> VRML ビューワはおもしろそうなので後で試してみます。 :)

あ、「簡易」なので、TransformやGroup、IndexedFaceSetぐらいしか描画
していないうえ、ROUTEもぜんぜん処理していないので、ぜんぜん
VRML2.0らしくないと思います(^^;