福間@福岡 です。

記事 <199903171533.KAA01353 / oberon.tdh.qntm.com> において、
"Kikutani, Makoto" <kikutani / sprintmail.com> さんは書きました :

> slanglib は slmodule.c と slmodule.h からできてます。
> slmodule.h を変更してもmakeでリコンパイルしてくれません。

> .hの変更を反映させる方法はありますか?

Makefileを実際に見てないので外しているかもしれませんが、

  slmodule.o: slmodule.c slmodule.h

という依存関係(コマンド列は無くてもいい)を書く、で解決しますか?


このへんの依存関係の作成を自動的にやってほしいなら、4.3BSDの mkdep(1) や
X11の makedepend(1) あたりが使えると思います。

  depend:
          mkdep ${CFLAGS} ${SRCS}
  #or     makedepend -- ${CFLAGS} -- ${SRCS}

として make depend すると、前者は .depend というファイル(これは
make(1) が自動的に読み込みます)に依存関係を書き込み、後者はMakefileを直接
書き換えます。

# でも、例によってこの手のツールがどこにでもあるわけぢゃないのが…

---
 Yasuhiro Fukuma (福間 康弘) as Yasu.F @ Kitakyushu.Fukuoka.Japan
 Web site: http://www8.big.or.jp/~yasuf/
 “君の主人公は君だ。”