小宮です。

From: "Akinori MUSHA" <knu / iDaemons.org>

> > 気がしてます。で、使わないんだったら作らなくてもいいかなあと
> > 思うんです。
> 
>  != や !== だって == や === と同じ程度には使われるんじゃないか、
> とは直感できます。あとは他にあった方がいいと思う声があるかどうか
> ですが、今まで無かったという既成事実が不利に働きそう。

自分の書いたテストケースを見直してみたんですが、意外にも(?) != をチェッ
クというのは見付けられませんでした。

あらためて見直してみると、assertionの内容は期待値があってそれとあってい
るかどうかを確認する(assert_equal)というのが一番多かったです。

ただ、assert(!foo.bar)というのはassert(foo.bar)と同程度にはあった様な・・・
(assert_send_not 必要説?でも名前が・・・)

>  でも、この類の一貫性や完全性については好みの問題なので、
> さほど強く説得したいわけではありません。自分で簡単に機能追加
> できるのが Ruby のいいところなので、私は自分で追加して使って
> 満足しています。 :)
>
> (欲しい人が他に何人もいれば追加したらいいかなとは思いますが)

knuさんが != を使ってらっしゃるケースって例えばどういうのがあります?
欲しくなる様な使い道を知れば、欲しくなるかも ^^;

> # YAGNI って、読むときは You Ain't Gonna Need It の方が読み
> # やすいですね。

私の心の中ではヤグニと発音することになってます。

小宮 健一