豊福です。
 
まつもとさん
> |> T_OBJECTでない(たとえばT_DATAの)クラスを定義する時は、
> |> newを再定義する必要があります。
> |> # initializeがよばれる時にはすでにT_OBJECTなオブジェクトを生成し
> |> # てしまった後だから。
> |
> |  ここよくわかりません。(ソース追わないと腑に落ちないかも)
> 
> デフォルトのnewはT_OBJECTなオブジェクトを作って、それに対し
> てintializeメソッドを呼び出します。オブジェクトのタイプは普
> 通は生成時に指定しますから、initializeの中ではもうタイプが決
> まってしまっていると言うことです。

  結局ソース見て現況を理解しました。これについてはもう
少し咀嚼してからまた書きます。

> |> ext/dbm.cとかじゃダメ?
> | 
> |  組み込みとしてのサンプルの方がよいので main があって
> |そこからクラス定義してインスタンス作ってメソッド呼ぶと
> |なんか出力されてというのがいいです。それとdbm という素材
> |は私には身近にかんじられないのでなにか別の身近なものが
> |よいです。
> 
> そうですか。豊福さんにとって身近なものってどういうものなんで
> しょうね。

  んーと、そーですね。私の場合 malloc とか fopen くらい
ですかね。ありがちですが点座標オブジェクトとか複素数オブ
ジェクトとか。面白みないか。
  struct 人 { char *名前; struct 人 *長子; struct 人 *弟; }
オブジェクトなんか Bufferクラスに似ていてよいかも。
  fopen を使った T_DATAタイプの簡易FileIOクラスとか。
---
                        豊福
                        toyofuku / juice.or.jp