いがらしです。
きちんと方針を示せず混乱させてしまい申し訳ないです。

At Mon, 04 Sep 2000 17:51:04 +0900,
in [ruby-ext:01234] Re: Ruby/GTK-0.23 & ruby-1.6.0-preview & progressbar,
akira yamada / やまだあきら <akira / ruby-lang.org> wrote:
> 
> 前にも同じ質問があったかと思うんですが, 
> 今後は gdkimlib, gdkpixbuf, gnome, gtk は
> 同時にリリースされるようになるんでしょうか?
> 
> 以前は「別々にもリリースするけど」ということだったと思いますが, 
> どっちがメインになるのか――より具体的には, 
> バージョンの付け方がどうなるのかという点を
> おしえてもらえるとうれしいです. 
> 
> 背景としては Debian GNU/Linux 向けの
> バイナリパッケージをどうすかというのがあります. 
> 単期的には, 間近にせまった(?) Ruby 1.6.0 リリースをうけて
> 上記問題を Debian 的にはどうクリアして行くのかということ. 
> 長期的には, パッケージ自体のつくりをどうすればよいのか
> という 2 点について心配しています. 

まだ決め切れてないのですが……

gdkimlib, gdkpixbuf, gnomeを含めるかどうかなのですが、
作者の方々の了承が得られれば、バージョン番号をそろえて(というか
個別には振らないで)、まとめて単一のソースアーカイブとして
リリースしてしまおうと思っています。つまり現状のsnapshotのままです。
で、debianizeする際には同じバージョンをつけて分離すると。

(使えない;-) gtk/doc/{api,api-ja}/ 以下のドキュメントも
分離してしまった方がいいかも。(snapshotではtarballから外して
しまいました。別に用意しておきます。)

ちなみにPythonでは

  pygtk        = python-{gtk,gdk-imlib,glade}
      独自のversionがついてる。
      Debian GNU/Linuxではgtk,gdk-imlib,gladeが
      同じバージョンのついている分離したpackageに。

  gnome-python = pygtk + python-gnome
      libgnomeのversionに合わせている。
      (たぶんAPIとかの変化にちゃんと追従しているんでしょう)
      Debian GNU/Linuxではpython-gnome部分が分離したpackageに。
    
という2種類のソースアーカイブになってるようです。
Rubyでも分けた方が便利ですかね?
どちらにせよバージョンはそろえた方が面倒がないと思ってますが。
ご意見ありましたらお願いします。

> パッケージを作っているばかりなのに
> お手数をかけてすいませんが, どうぞよろしくお願いします m(__)m

いえいえ、Ruby関連のdeb packageにはいつもお世話になってます。
こちらこそパッケージ化しづらいライブラリで御迷惑をおかけしてます。

--
五十嵐  宏  (Hiroshi IGARASHI)