いがらしです。

gnome-rubyなるパッケージを作ってみました。

http://www.ruby-lang.org/gtk/download/gnome-ruby-20000331.tar.gz
0fdb0cd9a59f7b076a59c0cb4a1b21f3  gnome-ruby-20000331.tar.gz

今後の作業のベースになるように調整して
ruby-{gtk,gdkimlib,gdkpixbuf,gnome}をまとめたものです。
勝手ながら、ruby-gtk以外にもChangeLog, MANIFESTを
追加させてもらいました。

含まれているサブディレクトリは、それぞれ交換可能なので、
ruby-gdkpixbufだけバージョンアップするとかもできます。
# がんがんバージョンアップして下さいませ ;-)
まあRuby本体のext以下に放り込むのと大差ないのですが。

現時点で取り込んだ変更点(主にruby-gtk)は次のとおりです。

o やすしさんのclass per fileパッチ
o Init_gtk_xxx()の宣言をglobal.hに
o global.h のうち外に見せるものは rbgtk.h へ移す。
  global.h includes rbgtk.h
o Ruby 1.5対応
    RTEST() --> RGTEST()
o sample scriptの修正
    必要な require 'gtk'; require 'gdk_imlib' を追加
    Ruby 1.5対応
o cygwin対応(ruby-gtkのみ)
    [ruby-ext:00972] Re: Ruby/Gtk with Gtk+ 1.3.x
o その他のパッチ
    [ruby-list:20737] Ruby/Gtk の CList にパッチ
    [ruby-ext:01005] Gtk::Window#set_transient_for
    [ruby-ext:01020] (ruby/gtk) Paned patch

まだ取り込んでいないものがいくつかありますが、順次取り込みます。
すでにMLで話題になったこと以外で何かありましたらご指摘下さい。

また今後の作業についてのお願いですが、
パッチを出す時はChangeLogのentryも一緒に出して下さると
ありがたいです。よろしくお願いします。

--
五十嵐  宏  (Hiroshi IGARASHI)